東大寺 大仏殿

ようやく大仏殿へ。昨日の夜も思いましたが大仏殿は素晴らしい建物です。あの大きさでどっしりとした形をしているので、見ている私も安心感に包まれます。
入り口の前にある八角燈籠を眺めてから中へ。
やはり大仏様の大きさには感動します。もう数度目ですが毎回感動してます。大仏様は正式には毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)というそうです。
大仏殿内部を一回り。斜め後方から見る大仏様も良いです。
堂内には四天王の広目天と多聞天があります。持国天と増長天はどこに行ってしまったのでしょう。
ここではさすがに他の観光客と一緒になりました。静かに大仏様を拝みたいと思ってはなかったので全く問題ありません。
大仏殿を出て正倉院鐘楼を見て東大寺をあとに。転害門見るのを忘れたので、この日の終わりにもう一度東大寺を訪ねて見ました。
前の項目へ次の項目へ
「奈良・仏像巡り」へ
せぎてつ伝言板
このページの感想をどうぞ!
お名前(匿名OK):

メールアドレス:
最終更新日 : 1999年9月12日(日)