法隆寺 夢殿

東大門を抜けて夢殿へ。
長野県には「夢殿」という大変美味しい吟醸酒があって私はとても好きです。それはどうでもいいですね。
夢殿には救世観音(くせかんのん)像があるのですが、春秋の特別開扉(4/11〜5/18、10/22〜11/22)のときしか姿は拝めません。今回は期間外なので泣く泣く諦めます。
その期間に訪れれば良いのでしょうが、当然のように混雑します。静かに仏像を見るのが良いのか、秘仏を見るのが良いのか判断に苦しむところです。
救世観音像の周囲に聖観音(しょうかんのん)菩薩像があるはずなのですが、覗いて見た限りでは見えませんでした。
行信僧都(ぎょうしんそうづ)像道詮律師(どうせんりっし)像を見ます。立派な像だと思いますが、私は仏様の像でないと心に響きません。
軽く一回りして夢殿を立ち去ります。救世観音が公開されていないと今一つですか。
前の項目へ次の項目へ
「奈良・仏像巡り」へ
せぎてつ伝言板
このページの感想をどうぞ!
お名前(匿名OK):

メールアドレス:
最終更新日 : 1999年9月17日(金)