東寺 金堂

金堂は見なくても良いと思っていたのですが見て良かったです。
入った瞬間に圧倒されます。
薄暗いお堂の中で月光菩薩日光菩薩と台座の周囲に十二神将を配した薬師如来の三仏が私を見下ろしています。
一つのお堂の中でこれだけ大きな仏様を一緒に拝んだのは初めてです。厳粛な気持ちになりました。
入った時間が閉門間近だったのでゆっくり見ることができず少し残念です。ただ管理人が外側の門を閉じはじめたので、堂の中がどんどん暗くなっていき、その中で薬師三尊を拝むことができたのは幸運でした。
仏像の美しさもさることながら、お堂の造りと絶妙な配置によって厳粛さが醸し出されています。仏像そのものも大事ですが、その容れ物もとても大事だと思いました。
前の項目へ
「奈良・仏像巡り」へ
せぎてつ伝言板
このページの感想をどうぞ!
お名前(匿名OK):

メールアドレス:
最終更新日 : 1999年9月18日(土)