ボールが横から出たら?--ラインアウト--


ラインアウトとは

ボールを持ったプレーヤーが横に押し出されてしまった場合、キックしたボールが横から出てしまった場合には、ラインアウトで試合を再開します。サッカーやバスケットボールで行なわれるスローインに考え方は似ています。「ボールが横から出る」ことを「タッチラインをわる」あるいは「タッチをわる」と言います。

ラインアウトでは、両チームの選手がタッチラインに垂直に一列に並び、スローワーが投げたボールを奪いあいます。このときスローワーはボールをまっすぐ投げ入れなくてはいけません。

ラインアウトの図 (GIFファイル 25K)


ラインアウトの行なわれる場所

サッカーやバスケットボールでは、ボールが出た地点でボールを出したチームの反対側のチームがスローインを行ないます。ラグビーでもそのようなケースはあります。しかし、そうでない場合も多いので、ラグビー観戦をはじめてしばらくは混乱します。

ここでは、どのような場合にどのようにラインアウトが行なわれるかを説明します。

説明を読むのが面倒臭い方はまとめのページを読んで下さい。(ラインアウトのまとめのページへ)

ボールが出た地点で、相手ボールのラインアウト

場合にこのケースとなります。標準的なケースで、プレーが動いている状態でおきるラインアウトは、ほとんどがこのケースです。

他の例外的なケースを覚えておけばこのケースは覚えなくて良いと思います。

ボールが出た地点で、マイボールのラインアウト

場合にこのケースとなります。少し前に、このようなルール改正が行なわれました。いま試合で行なわれるラインアウトのうち、最も多いのがこのケースではないでしょうか。地域が前進したうえ、マイボールで試合が再開されるのですから大変有利です。

ボールを蹴った地点で、相手ボールのラインアウト

場合にこのケースとなります。「ダイレクトタッチ」といいます。ダイレクトタッチにならないようにキックを蹴るので、滅多にこのケースはおきません。

地域を取りにいったキックが伸びすぎてしまった、プレッシャーがかかって十分な体制でキックが蹴れなかった、単なるミスキックなどの場合にダイレクトタッチがおきます。

ディフェンス側にとってはボールを取り戻したうえに前進もはかっているので、願ったりかなったりです。

ボールが出た地点より後方の任意の地点からのクイックスローイン

今まで述べてきたケースは、すべて両チームの選手が一列に並んでボールを取り合うラインアウトが形成されますが、それ以外にクイックスローインでの再開があります。この場合はボールが出た地点よりも後方ならば、どこでクイックスローを行なっても構いません。

クイックスローインを行なうためには

というのが条件になります。

相手チームが地域を取るためにロングキックでタッチをきった場合に、キックディフェンスに入っていたウィングとフルバックでクイックスローインを行ない、カウンターアタックを仕掛けるというケースもしばしばあります。


長々とした説明を読んでいただきありがとうございました。最後にラインアウトのまとめのページでおさらいをどうぞ。(ラインアウトのまとめのページへ)


簡単なルールのページへ