ラック パイルアップからの再開基準


ラックが崩れる直前に、どちらがラックを押していたか

まず最初にこれを判断します。パイルアップ直前にどちらかのチームがラックを押していれば、そのチームのボールのスクラムで試合が再開されます。

攻撃側がボールを持ち込んでラックを形成しても、防御側がこのラックを押し返した後でパイルアップになった場合には、防御側ボールのスクラムで試合が再開となります。

ですがラックは、攻撃側が前進したときに形成されることが多いので、防御側は戻りながらラックに参加することになり、押し返すまでいくことはなかなか難しいです。

また早い球出しを狙ってラックを形成しているので、防御側の体勢が整った頃には、ボールが出ているか、パイルアップになっているかするケースが多いでしょう。


ラックが形成される直前に、どちらが前進していたか

パイルアップ直前にどちらもラックを押していない場合すなわちラックが静止していた場合は、この基準での判断となります。

ラックが形成される直前に前進しているのはまず間違いなくボールを保持しているチームなので、この基準が適用された場合も、ボールを持ち込んだ側のボールのスクラムで試合が再開されることが多いです。

攻撃側が前進してラックを形成し、防御側がパイルアップ寸前にボールを取り返した場合でも、ラックを押していなければ攻撃側ボールのスクラムで試合再開となります。パイルアップの瞬間にどちらのチームがボールを保持していたかは考慮されません。


攻撃側のチームはどちらか

上記の二つでも判断できない場合はこの基準を用います。モールの場合も最後はこの基準で判別するので「迷ったら攻撃側のチーム」という感じです。

ここでいう「攻撃側のチーム」とは「敵陣にいるチーム」ということです。

上記二つにひっかからないケースなんてあるのだろうかという気もしますが「スクラムサイドを突いたが前進できず、すぐにラックにしたがパイルアップになってしまった」というのはこのケースなのでしょう。自陣からスクラムサイドを突くとは思えないので、この場合でもボールを持ち込んだチームボールのスクラムで試合が再開されることが多いでしょう。


密集が崩れたら?のページへ