ゲインラインとタックルライン


ゲインラインとタックルラインの説明図

上の図はスクラムのときのアタックとディフェンスを模式的に描いたものです。下から上に向かってアタックしています。

スクラムの中央からボールが投入されてプレーが開始されるので、攻撃側はスクラムの中央の位置を超えれば、前進したことになります。そこでスクラムの中央を通る仮想的な線を考え、これを「ゲインライン」と呼びます。

スクラムに限らず、ラインアウト・ラック・モール等々でも「この線を超えたら前進」という仮想的な線をゲインラインと呼びます。

防御側は少しでも早く相手をタックルするために、横一直線にディフェンスラインをひきます。攻撃側は横一直線にラインをひくと、すぐにタックルをくらってしまうので、外側の選手ほど深い位置にポジショニングするようにします。

このままボールがラインに供給され、攻撃側が普通にライン攻撃をすると、ゲインラインよりも攻撃側によった地点で、攻撃側と防御側が接触すると考えられます。この接触する点を結んだ仮想的な線を「タックルライン」と呼びます。

つまり攻撃側は何も考えずにライン攻撃を仕掛けると、ゲインラインに達する前に、タックルラインで防御側のタックルをくらってしまうわけです。そのためライン攻撃では、サインプレーを含む様々な戦略が考えられています。

「攻撃と防御の原則」で述べた攻撃の原則をゲインラインという用語を使って述べなおすと

攻撃側はゲインラインを超えた地点での、マイボールでの再開を狙う

ということになります。

同様に防御側の狙いは

防御側はタックルラインで相手を倒し、ボールを取り返す

です。

あらためて図を見ると、密集に近いほどゲインラインとタックルラインの間が狭いことがわかります。密集近くで攻撃を仕掛けた方が、ゲインラインを越えることは簡単そうです。

しかし、密集近くではアタックを仕掛けてから相手に接触するまでの時間が短いので、相手側のディフェンスも乱れがなく、ゲインラインを越えることは難しいです。また、密集近くには防御する選手も大勢いるため、大きく前進することも困難です。

そこで、密集から離れた地点で仕掛けることになるのですが、そこではタックルラインがゲインラインから離れたところにあります。もしも、仕掛けに失敗したら大きく後退した地点で相手のタックルを受けることになり、ピンチです。

密集から離れた地点で仕掛ける場合には、仕掛けが成功して大きく前進する利点と、失敗して大きく後退する欠点を天秤にかける必要があります。


基本的な戦術のページへ