「流れた」とは?


解説者が「ラインが流れてますね」ということもあります。「流れた」というのはラインに参加している選手がまっすぐ走らずに、横走りしている状態を言います。

ラインが流れるとディフェンスは非常にやりやすくなります。「あまった」とは?で「タックルで、防御側の一人の選手が攻撃側の一人の選手を止める」と書きましたが、これはラインが流れずに縦に入ってくる場合です。ラインが流れていると一人の選手が数人の選手をディフェンスすることができます。


「流れた」状態の説明図

上の図は攻撃側があまっているのですが、ラインが流れたためにゲインラインを越えられない状況を示しています。

スタンド をタックルにきた敵のセンター は、スタンドがパスするのを見てからウィング にタックルに行くこともできます。スタンドへのディフェンスコース上にウィング がいるからです。

ラインが縦に入ってきている場合はディフェンスもまず縦に走り、相手がパスするのを見てから大きくコースを変えなくてはならないので、隣の選手をタックルにいくことはできません。

ラインが流れて一人の選手に二人の選手が防御されてしまっては、人数をあまらせるという目標が達成されません。また、まっすぐ走らずに横走りしている分だけゲインラインへの到達に時間がかかります。ラインはまっすぐ縦にアタックをするのが原則です。


基本的な戦術のページへ